特許申請ノウハウ

Know-how

模倣のイメージ
特許申請(特許出願)
harada

冒認出願とは

特許を受ける権利 そもそもの話ですが、特許出願は、特許を受ける権利を有している者 により行わなければなりません!! 特許を受ける権利とは、国家に対して発明を特許出願し、 特許の付与を請求する法的地位・資格のことをいいます

Read More »
特許申請(特許出願)
harada

職務発明とは何か?

職務発明とは 会社の従業者等がした発明は、①職務発明と、 ②自由発明の2つに大別されます。 ①職務発明 従業者等がした発明であって、その性質上使用者等の業務範囲に属し、 かつ、その発明をするに至った行為がその使用者等にお

Read More »
特許申請(特許出願)
harada

新規性、進歩性とは何か?

新規性とは 新規性とは、発明が新たらしいことを言います。 特許は、独占排他権であるため、発明について新規性を要求します。 進歩性とは 進歩性とは、発明が従来技術と比較して進歩していることを言います。 新規な発明であっても

Read More »
特許申請(特許出願)
harada

優先権とは何か?

優先権の種類 優先権には、①パリ条約による優先権と、②我が国の国内優先権があります。 どちらも優先権には間違いはないですが、意味合いが若干異なります。 当然その制度趣旨、取り扱いも若干異なっています。 ①パリ条約による優

Read More »
特許申請(特許出願)
harada

医療行為、医療機器、医薬品は、発明となるか?

医療行為 ここで、医療行為とは、人間を手術、診断、又は治療する行為をいう。 しかし、わが国では、医療行為は、発明とはならない。 何故だろうか? これは、医療行為は、人道的に広く開放するべきものであって、 一私人に独占させ

Read More »
特許申請(特許出願)
harada

秘密特許制度

秘密特許制度とは? 「秘密特許制度」というのを聞いたことがあるでしょうか? 国の安全保障上重要な技術開発にかかる特許発明の内容を 一定期間秘密にするというものです。 しかし、現在の特許法は、発明内容の公開の代償として 特

Read More »
特許申請(特許出願)
harada

特許における分割出願とは?

分割とは何か? 分割とは、出願人が二以上の発明を包含する特許出願の一部を新たな特許出願とすることをいいます。 下の図でいうと、出願Aから分割出願Bと分割出願Cをすることができます。 また、分割出願Bから分割出願Dをするこ

Read More »
特許申請(特許出願)
harada

特許出願における補正とは?

補正とは? 補正とは、特許庁に提出した書面を補充、訂正することを言います。 手続の円滑で迅速な進行を図るためには、出願人が初めから完全な内容の書類を提出することが望ましい。 しかし、先願主義の下、出願を急ぐ状況で、提出し

Read More »
IT
特許申請(特許出願)
harada

AIは、発明者となり得るか?

AI技術 昨今、AI技術の革新が急速に進んでいます。 画像認識にはじまり、物体検出、音声処理、自然言語処理等様々な分野で、 AI技術の応用がなされ、目覚ましい進歩を遂げています。 このままいくと、AIが人間の知能を超える

Read More »
特許申請(特許出願)
harada

特許の取得か?、営業秘密の保護か?

特許 特許は、発明を公開した代償として、一定期間に限り発明を公開した者に独占排他権を付与するものです。 発明が公開されると、他人はその発明の内容を知ることができ、これをさらに改良して良いものが 生み出されることで、産業の

Read More »
特許申請(特許出願)
harada

KARAOKE

カラオケ カラオケ装置は、誰が発明したものかをご存じでしょうか? バンドマンの井上大佑さんが1971年に販売した「エイトジューク」が最初といわれています(実際には、それ以前に他の方もカラオケ装置を作成していると言われてい

Read More »
代理人のイメージ
特許申請(特許出願)
harada

小学生が特許取得!?

小学生でも特許を取得できるか? 小学生であっても人間(自然人)ですので、発明の発明者になり得ます。 しかし、小学生は、未成年であるため、小学生自身が特許出願をすることはできません。 そこで、小学生は法定代理人をつけて、そ

Read More »