特許を取るメリットとは?

うちの事務所にいただくお問い合わせの中で、非常に多い質問が、

「特許って取った方がいいんですか?」

というものです。

 

たしかに、今まで特許を取ってなくてなんの問題もなかったのでしたら、当然の疑問ですよね。

では、その質問に対するわたしなりの答えを示します。

 

特許を取るメリットとは?

マネされなくなる(独占できる)

特許を取得した発明は、特許権を持つ者しか製造したり販売したりすることができません。

したがって、特許を取っておけば他社にマネされませんし、

逆に特許を取っていなければマネされても文句は言えません。

 

やっと製品の販売が好調になってきたと思ったら、

似たような製品が他社からどんどん発売されて、

競争で売り上げが下がってしまったらイヤですよね。

 

特に、小さなメーカーの場合には、

このような収益低下が致命傷になりかねません。

 

訴えられる心配が減る(安全性確保)

特許を取得していないと、マネされるだけではなくて、他社から攻撃を受ける可能性もあります。

他社に特許を先に取得されてしまうと、すでに販売していた製品が差し止めを受けるリスクがあります。

 

先に販売していたことを証明すれば、差し止めを免れる可能性はありますが、それにしても仮処分を受けて一時的に販売できなくなる可能性がありますし、

弁理士費用、弁護士費用、裁判費用などのコストがかさみ、時間も浪費してしまいます。

もし争いに負けて差し止められると、損害賠償も払い、在庫もすべて廃棄しなければならないため、ダメージは非常に大きいです。

 

小さなメーカーの場合には、上記のような状態に陥ってしまったら、

経営体力が持たないのではないかと思います。

 

 

ライセンス収入を得る(収益)

自社の優れた技術で特許にした場合には、その特許を他社にライセンスして、

そこからライセンス収入を得るという方法もあります。

 

ライセンスは、近年活発になりつつある分野ですので、

ご興味がある場合には、弁理士などの専門家へのご相談をオススメします。

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. ソフトウェア(プログラム)の特許出願の注意事項

  2. 欧州特許出願について

  3. 【2018年度最新版】中国特許出願ガイド

  4. 製品販売前の技術漏洩を防止するためのポイント

  5. 【2018年度完全版】アメリカ特許出願ガイド

  6. この発明は特許?それとも実用新案?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。