他の事務所との主な違い

1.特許取得率

原田国際特許商標事務所 ◎業界平均を、大きく超える【96.1%】
A社 50%

2.特許調査

原田国際特許商標事務所 ◎弁理士による調査・検討
◎元特許庁審査官弁理士の詳細調査にグレードアップが可能
A社 スタッフによる簡易調査

3.中間対応(特許庁との折衝)

原田国際特許商標事務所 ◎通算1000件以上を経験している弁理士が対応
◎絶対にあきらめないマインドで90%以上の特許取得率実現
A社 スタッフが対応

当事務所の特徴

(1)特許取得率96.1%

弊所の特許取得率は、業界平均の60%を大きく超える96.1%の確率です。 特許が取得できるか否かは、拒絶理由対応(審査官とのやり取り)で決まります。審査官とのやり取りで失敗してしまうと、特許にできる案件でも審査に不合格になってしまうからです。弊所では、元特許庁長官による調査を申請前に行っています。これによって、申請後の審査と同等の結果を申請前に得ることができます。拒絶理由対応につきましては、これまでに1000件以上の拒絶理由対応をしてきた弁理士がすべて対応致します。特許化が難しそうな案件でも、決してあきらめることなく反論することで、貴社の虎の子の技術を守ります。

(2)返金保証あり!

通常は、特許出願が拒絶されてしまった場合、出願書類の作成に要した費用が無駄になってしまいます。 弊所では、このような状況になることを防止すべく、特許にならなかった場合の特許庁費用を除く弁理士費用の返金保証をつけさせて頂いています。私が、このような保証をつけているのは、私が、特許を取ることについて、絶対的な自信を持っているからです。
※ 返金保証は、審査請求時にオプション(別途、費用12万円+税)で選択頂いております。

(3)発明の内容をヒアリングするだけで出願可能

特許出願サービスを利用せず、ご自分で出願書類を作成する場合、時間的に、80~120時間が必要になります。私たちにお任せいただければ、あなたはご自分の大切な時間を使わず、10~15日の営業日を捻出できるようになります。
さらに、個人で作成した書類は、不備があることがほとんどです。私は、個人のお客様が作成した出願書類を何件も見たことがありますが、不備がない書類を見たことがありません。 そのため、お客様自身で出願書類を作成しても特許になる可能性は、極めて低く、仮に特許になったとしても、有効な権利になることはありません。

(4)サポート実績2000件以上

元知財部員、現場主義の弁理士が、製品から発明を「発掘」から「権利化」までを担当します。貴社の一員としての支援が可能であり、発明を発掘する知財部員を教育するための時間とお金をゼロにします。
私は、企業の知的財産部と、特許事務所とで合計で2000件以上の発明に接してきました。

(5)返済不要の補助金を調達

単に特許を取るだけではなく、特許化した保有技術による事業の「安定性」と「将来性」を盛り込みアピール可能な事業計画書を作成します。弊所は、認定支援機関であり、経営革新計画、経営力向上計画についても実績が豊富です。これらの認定を受けることで、資金調達が容易になったり、金利を下げたり、補助金での加点要素となるなどのメリットがあります。
また、弊所は、外国特許申請費用や商標申請費用の半分が補助が補助される補助金の採択実績もあります。外国出願の費用、開発費用について返済不要の補助金の調達を得意としています。

事務所概要

事務所名 原田国際特許商標事務所
住所 〒338-0003 埼玉県さいたま市中央区本町東7-4-1-105
電話番号 048-829-9749
FAX番号 048-829-9748
所属弁理士 原田貴史(登録番号18527)、吉田雄一(登録番号20749)
従業員数 5人
対応地域 東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
商標専用ホームページ https://shohyo-shinsei.com/

代表弁理士

利益創出コンサルタント
原田国際特許商標事務所 代表弁理士
原田 貴史


1979年 北九州市生まれ
2005年 会津大学大学院 コンピューター理工学研究科 卒業
2005年 カーナビメーカー入社
2012年 弁理士登録 特許事務所入所
2016年 原田国際特許商標事務所 開業


所属弁理士

原田国際特許商標事務所 弁理士
吉田 雄一


1985年 福島県いわき市生まれ
埼玉大学工学部応用化学科卒業
名古屋勤務、仙台勤務を経て、現在は東京都在住


吉田雄一