特許申請ノウハウ

Know-how

未分類
harada

拒絶とは?

審査 特許は、書類一式を特許庁に出願するところからはじまります。しかし、出願しただけでは、特許を取得することはできません。出願した日から3年以内に出願審査の請求をおこなう必要があります。その後、特許庁の審査官による綿密な

Read More »
特許申請(特許出願)
harada

特許減免制度

費用が高い!? 特許権を取得するためには、発明の内容を細かく記載した出願書類を作成して、特許庁に提出する必要があります。しかし、それだけでは、特許権を取得することはできません。特許権を取得するためには、出願審査の請求を行

Read More »
アメリカ合衆国での特許取得のイメージ
特許申請(特許出願)
harada

【2018年度完全版】アメリカ特許出願ガイド

アメリカの特許制度は、少し前まで先願主義ではなくて先発明主義であったり、RCEのような非常に独特な制度が多いことで知られています。 そこで、本ページでは、複雑なアメリカの特許制度を使いこなすために必要な情報をまとめたいと

Read More »
特許で技術を守る
特許申請(特許出願)
harada

特許を取るメリットとは?

うちの事務所にいただくお問い合わせの中で、非常に多い質問が、 「特許って取った方がいいんですか?」 というものです。   たしかに、今まで特許を取ってなくてなんの問題もなかったのでしたら、当然の疑問ですよね。

Read More »
欧州での特許取得のイメージ
特許申請(特許出願)
harada

欧州特許出願について

出願   出願の種類 欧州特許出願(欧州特許条約 [EPC]に基づく直接出願)   ≪メリット≫   ・1つの特許庁(欧州特許庁=EPO)に対して1つの言語(EPC公用語のうち1つ)で出願や

Read More »
未成年特許取得のイメージ
特許申請(特許出願)
harada

未成年は特許を取得できるのか?

たまに、小学生が特許を取得したとテレビ番組で取り上げられていることがあります。 そのようなお子さんでも、特許を取得することはできるのでしょうか?   出願できるのは権利能力を有している自然人(個人)と法人(会社

Read More »
模倣のイメージ
用語の解説
harada

「特許出願中」の意味

よく見かけませんか?「特許出願中」という文字を!   「特許出願中」の意味 特許出願中の法的な意義 特許出願中とは、特許出願後であって特許取得前の状態を言います。 他にも出願済という表示もありますが、出願中と同

Read More »
代理人のイメージ
用語の解説
harada

特許出願の中途移管の手続き

特許出願は、途中で代理人を変更したり、解任したり自由にすることができます。     特許出願の中途移管の手続き 日本国内での特許出願 特許における中途移管とは、一般には、出願や特許権の管理を担当する弁

Read More »
IT
旬な事例を解説
harada

人工知能(AI)を利用した技術の特許出願の方法

人工知能(AI)を利用した発明に関する特許出願のご相談が増えてきております。 ただ、人工知能(AI)は技術的に新しい分野ですので、特許が取れる発明になっているのかどうかということについて、自信がない方が多いように見受けら

Read More »
中国大陸地図
特許申請(特許出願)
harada

【2018年度最新版】中国特許出願ガイド

最新の中国への特許出願制度について、まとめています。   なお、日本やアメリカへの特許出願については、下記の記事をご参照ください。 ・【2018年度最新版】特許出願ガイド ・【2018年度完全版】アメリカ特許出

Read More »