ソフトウェア(プログラム)の特許出願の注意事項

アプリのイメージ

ソフトウェア(プログラム)の特許出願の注意事項に関する発明を特許出願する場合の、特有の書き方をまとめました。

特に、図面の使い方に特徴があります。

 

ソフトウェア(プログラム)の特許出願の注意事項の特許出願の注意事項

ハードウェア要素(ハードウェア構成図)

ハードウェア要素を記載しないと、記載要件違反に拒絶されます。

そして、このハードウェア要素は、通常はハードウェア構成図という図面で表現します。

 

特有のテクニックとしては、このハードウェア構成図に、USBメモリやSDカードのようなリムーバブルディスクを記載しておくと良いです。

これにより、ソフトウェアは、予めハードウェアにインストールされているものに限られず、その他の媒体によって追加されるものであっても良いように、

特許権の範囲をより広くすることができます。

 

機能ブロック図

そのソフトウェア(プログラム)が、どのような機能を有しているのか、1つ1つの機能を分解して、機能ブロック図という独特の図面におこします。

 

 

フローチャート

ソフトウェア(プログラム)が、どのような順番で情報を処理していくのかをフローチャートで記載します。

 

関連記事

  1. 製品販売前の技術漏洩を防止するためのポイント

  2. この発明は特許?それとも実用新案?

  3. 未成年特許取得のイメージ

    未成年は特許を取得できるのか?

  4. 欧州での特許取得のイメージ

    欧州特許出願について

  5. 特許申請前の5つのチェックポイント

  6. アメリカ合衆国での特許取得のイメージ

    【2018年度完全版】アメリカ特許出願ガイド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。